生活に関する情報

趣味と人間の成長との関わり

趣味というと、「遊ぶ」ことと捉えがちです。
しかし、趣味は人間の成長に大きく関わってきます。
石原慎太郎元東京都知事は「趣味を持つことで人間は成長し、仕事の面でも活躍ができるようになる」と言っています。
その理由としては、例えば趣味が編み物だった場合、まず編み方を覚えます。
その時に根気よく何度もチャレンジして覚えようとすることで「忍耐強さ」が身に付き、それが仕事に取り組むことへの「忍耐強さ」に繋がります。
また、何を編もうかと考えたり、自分で作品を新たに生み出そうと試行錯誤してアイデアと出すことで、企画力が身に付き、それが仕事でも生かされます。
仕事で何かアイデアを出そうとして、仕事に集中してもアイデアはなかなか生まれない。
ですが、仕事とは全然違う趣味をしていることで、パッと新商品のアイデアが生まれたなどということは、今までのヒット商品にもよくあることです。
また、技をどんどん磨いていくことは、仕事をどんどん上達させることにも関わってきます。
そして、趣味をいろいろな人と楽しんだり、先生に教えてもらったりすることで、人と人とのコミュニケーション能力が上達したり、人間関係が広がったりします。
コミュニケーション能力や、人脈が多いことも仕事ではまた大事なことです。
趣味を持つことで、仕事場での会話も盛り上がり人間関係もうまくいくでしょう。
仕事仕事の仕事人間より、趣味をもっている人間の方が、人としても深みや人間味があり、仕事の面でも何かの時に認めてもらうきっかけになるかもしれません。
また、趣味を上達させて発表会に出たりすることで、会議などでプレゼンする能力なども見につくのではないでしょうか。
こうして、少し考えただけでも、趣味をもつということは仕事をしていく上でも大いに大事なことだとわかりますし、人間が成長する上でも重要なことだとわかります。
以上の理由から、仕事で忙しい忙しいという人にこそ是非趣味をもってもらいたいと思います。
いい気分転換にもなり、人生がもっと楽しくなりますよ。